ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

西武現金供与 太田球団社長、当面辞任せず 会見で明言

週刊ベースボール 9月 9日号増刊
 西武の太田秀和球団社長は25日の会見で自らの進退について問われ、「再発防止体制をきちっと確立することが私の使命」と語り、当面辞任する考えがないことを明言した。
 しかし、現金を受け取っていた東京ガスの木村雄太投手は1年間の謹慎処分。早大の清水勝仁元選手は野球部を退部になり、1カ月の停学処分を受けた。球団の現金供与問題が発端となり、特待制度による学生野球憲章違反が発覚した、清水元選手の母校・専大北上高野球部は解散に追い込まれた。
 このように関係者が次々と厳しく処分され、社会的制裁を受ける中、問題の震源地である球団のトップが、そのまま職にとどまることが理解を得られるのだろうか。


 確かに、一連の問題は太田社長の就任前に起きた。しかし、調査委の報告書によると、太田社長は2選手への金銭供与について就任時に星野好男前社長から引き継ぎを受けたが、速やかに詳細を調べず、今年3月、内部通報でようやく事実関係の調査に着手した。自ら不正の実態を明らかにしようとしなかったトップが、再発防止体制を確立できるのか疑問が残る。
 西武は入団謝礼金を受け取っていたアマチュア関係者延べ170人、最高標準額を上回る契約金を得て入団した15選手らの実名を公表しない方針だ。木村投手、清水元選手が厳しい非難にさらされたことを考えるにつけ、不公平感の残る球団の対応には納得できない。【立松敏幸】
(引用 yahooニュース)


週刊ベースボール 9月 9日号増刊


◆専大北上関連ブログ記事
ちょっと気になること - For My Dreams Come True (5月6日13時1分)

特待376校に…田名部参事会見で涙 - あのシーンの裏側 (5月6日12時50分)

5月3日の新聞に・・・ - FCリトルイレブン (5月6日10時17分)

ただいま! - 超モグリアニヲタ学生 東京昆布の日記... (5月6日9時51分)

作新学院など新たに38校申告=軟式で... - 学資保険 完全攻略 (5月6日6時30分)

高野連、軟化 明確な基準作りへ「私学... - みんな大好き スポーツ情報ブログ (5月4日17時8分)

特待生制度は、本当に「悪」ですか? - OhmyNews (5月8日21時55分)

<西武>球団社長を降格 裏金問題で社... - 西武裏金問題検証ブログ (5月8日19時22分)



◆専大北上関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。