ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クエリ速度が最大30%向上、応答時間を予測できるようになったDWH

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 HANA-BI【日本映画】 BANDAIVISUAL HANA-BI
 日本テラデータは11月13日、データウェアハウス(DWH)の最新版「Teradata 12.0」を11月14日より販売開始すると発表した。クエリやデータ更新のパフォーマンスを改善し、クエリのパフォーマンスを最大30%向上させた点が特徴だ。


 米テラデータは10月1日にNCRから分社独立し、ニューヨーク証券取引所に上場。現在、60カ国でビジネスを展開し、社員は5500名。全世界で約850社、2000システムの実績があるという。米テラデータの2007年第3四半期の業績は4億3900万ドルで前年同期比17%の伸び、営業利益は6600万ドル。日本テラデータ 代表取締役社長 吉川幸彦氏は、「この数値は9月までの第3四半期の数値なので、分社独立前の数値だ。

10月1日に独立したので、さらに伸びる可能性がある。日本では販売体制の強化やセールスプロモーションの強化などを実施し、さらに売り上げ強化を図る」とコメントした。
 Teradata 12.0は、同社の主力製品であるエンタープライズDWHの最新版。データベースエンジンである「Teradata 12.0」と、管理ユーティリティや接続ツールなどを備える「Teradata Tools and Utilities 12.0」で構成される。価格は600万円/1コアライセンスから。Teradata 12.0の最大の特徴はクエリパフォーマンスの向上で、ハードウェアを変えずにデータベースエンジンを入れ替えるだけで、最大30%のパフォーマンスを向上できるという。さらに、“即座に結果がほしいクエリ”と“重く複雑なクエリ”をあらかじめ設定して調整しておくと、クエリのレスポンス時間を予測できる機能を搭載した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 特捜戦車隊ドミニオン VOL.2 最終巻 【アニメ】 BANDAIVISUAL BCB...


◆吉川関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆吉川関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。