ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ライバルの追随を許さない技術革新で未来を予見するIntel

Pentium M★740★1.73GHz FSB533MHz L2 2M★Dothan
 「Intelの行っていることは本当に革新的だ。われわれが現在、そして将来に向けて行っていくことについて紹介してもらいましょう」── Oracleの社長兼最高財務責任者、サフラ・キャッツ氏、Intelのポール・オッテリーニ社長兼CEOをステージに招き上げた。

 米国時間11月13日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されている「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は2日目を迎え、前日、やはりこの地で45ナノメートル(nm)のプロセス技術で製造される「Penryn」プロセッサを発表したばかりのオッテリーニ氏が午前のスポンサー基調講演に登場した。

 オッテリーニ氏は、近代建築の巨匠であり、未完の建築家ともいわれる米国の著名な建築家、フランク・ロイド・ライト氏を引き合いに出し、建築とマイクロプロセッサの設計に共通点があるという話から講演を始めた。



 「建築家は、未来を見通す予言者であるべきだと思う。マイクロプロセッサの設計も同じように未来を見据えていなければならない。Intelも、10年後の世界を予見し、研究開発を行っている」とオッテリーニ氏。

 マイクロプロセッサの開発では、ムーアの法則もあり、4年ごとのサイクルで革命的なデザインを提供し続けなければならないという。12日に発表したばかりの45nmプロセスのPenrynで採用されている、トランジスタにハフニウム(Hafnium)ベースの酸化膜を採用する画期的な設計も、そのひとつだという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


Pentium4★2.8GHz★FSB800MHz★Socket478★Prescott★SL7E3★


◆intel関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆intel関連の無料のレポート情報
【借金白書】14社のカードローンを申し込みしまくったその先に・・・

当「無料レポート」は、不幸な物語を綴ったものではありません。

「借金踏み倒し」とか「自己破産勧告」という類の強行解決策を述べたもの

でもありません。

巷間 目立ってきた感のある、ある種の「カードローン」なるものに…

住宅ローンを3日で200万円減らした節約術(ダイジェスト版)

住宅ローンサクサク減らすワザ公開!

これから金利がドンドン上がるらしいですし、年金も保険も
値上がりして、すこ~しずつ苦しくなっていくのかなぁなんて
事を良く考えます。

お子さんが大きくなってからではどうにもならなくなるって…




スポンサーサイト

2007年11月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。