ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

取り扱いブランドに「龍村光峯」を追加

河川堤防学
1200年以上も昔から伝わる手織の「錦」。その日本の絹織物の最高峰であり芸術品である「錦」ひとすじに、かけがえのない優れた職人らと手をとりあい、復元復興に心血をそそぎ、国内はもとより海外へ未来へと繋ぐ、龍村光峯。【龍村光峯】の取り扱いを開始
 このたび、株式会社WISHLIST(本社:東京都千代田区 代表取締役:吉川 裕久)は 11月8日(月)より、ECサイトwishlist.co.jpの取り扱いブランドに龍村光峯を加えました。

■ブランド詳細
長年受け継がれてきた伝統文化が失われつつあるこの時代、現在の織物業界の危機的状況を憂い、光峯は1994年「日本伝統織物保存研究会」を立ち上げました。

本来の光峯の仕事は、伝統技術を駆使し、織物の芸術品を創ること。そのためには、古代の素晴らしい織物美術を研究し、復元裂として甦らせ、職人たちと共に伝統技術を後世に伝えるべく制作しつづけなくてはなりません。龍村光峯氏この事業は「総合的復元事業」といい、古代の織物の制作に関わるすべての伝統技術に対して研究をし、復元を行う事業です。 1997年には、日本伝統織物保存研究会は京都国立博物館にある奈良時代の錦織「緑地花鳥獣文錦」の復元を完成させました。また、2000年には、こちらも京都国立博物館にある平安時代後期の錦織「赤地花菱襷状鳥花文錦」の復元を、2005年には室町時代の錦織「赤地牡丹唐草文錦」を完成させました。光峯では、繭の引き方から機のつくりまで、当時の製法で織物を制作しています...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


岩手県大沢殻付牡蠣


◆吉川関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆吉川関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。