ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『実感なき景気回復に潜む金融恐慌の罠』の真相について 菊池英博氏へのインタビューを終えて

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 赤毛のアン VOL.12 最終巻 【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0101
【PJ 2007年10月01日】- (4)からのつづき。菊池先生の著書とご自身に出会い、いろいろなことを知った。UFJ銀行が金融庁によってつぶされたという事実もその一つだ。「事実」というのは、不良債権として積み増しを指示された貸倒引当金の60%が、合併直後に戻っているからである。健全債権だったことを、金融庁自らが告白したことになる。合併は一体何だったのか。

 「行政リスク」(当時、日本経済新聞が使用)という言葉は皮肉である。行政は本来、金融システムを守るべき立場にある。ところが、行政の活動が銀行を破たんさせ、中小企業を倒産に追い込む姿を指す。これは構造改革の矛盾を象徴する歴史的な言葉として、博物館に収めるべきである。



 基本的なことでも、知らないことがたくさんあった。韓国では5行ある大銀行の4行で株式の70%が外資に渡っている。わが国の大手5行の株式はいずれもすでに30~40%前後が外国人によって保有されている。構造改革の真相といい、マスコミが伝えない限り、われわれが知る機会は少ない。こうした重要なことを国民がいちいち調べなければ国民を犠牲にする政策が変更できないというのももどかしい。

 菊池氏は金融システム安定化のため、大銀行の分社化などとともにペイオフ制度の廃止も提言している。預金者にいちいち預金する銀行の信用状態を考えさせるのは全くの愚策であり、「そんな時間があったら本業に精を出してもらった方が経済的効果は大きい」と述べている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


タイムセールのためお買い得!以前の価格18000円がなんと!【新品訳あり品!!】振袖用本皮帯地草...


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆倒産関連の無料のレポート情報
【再配布ok】キャッシング関連相互リンク募集サイト約1000件

相互リンクをする時に、いちいち似たようなサイトを探すのはとてもに面倒ですよね。

そこで、キャッシング関連で相互リンクを募集しているサイトを集めました。

その数約1000件!

重複もありますが、かなりの数です。



15万円分 アドセンス用記事!500文字×300記事プレゼント

総額15万円分 アドセンス用記事!各500文字×300記事プレゼント!



アドセンスに、アフィリエイトに、

自由に使えるライター書き下ろしの記事を300個プレゼント。


キャッシング 40記事

ダイエット 4…




スポンサーサイト

2007年10月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。