ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

漏洩事件連続で問われる企業姿勢(2)最悪の場合、一企業が倒産する可能性も

金融再生危機の本質
●問われるファイザーの誠意

漏洩の被害者だが、7月11日付けのShapiro LLPのベルナード・ナッシュ弁護士がブルメンタル検事総長に宛てた書状で、当初の1万7000人より、少数ながらも増えそうだと述べていることを、コネチカットの『The Day』が発表している。正確な人数はこの書状では明らかにされていない。

漏洩が起こった時期は、3月26日に、従業員の配偶者が、従業員のパスワードを用いてコンピュータにアクセスして権限なしにソフトウェアをインストールした際ということだ。配偶者はP2Pソフトの危険を知らなかったようで、データを公開していることに気付いていなかった。

事件が発覚したのは、コンピュータ・サービス・コンサルタントと名乗る人物からP2Pネットワーク上でファイザーのデータのファイルを見つけたと連絡があった4月18日だ。

しかし、検事総長の通知でさえ5月30日まで行われなかったから、事件発覚から1ヵ月以上も明らかにされなかったことになる。

通知が遅れた理由について、ファイザーは通知する前に事件の全容を調べ影響を理解する必要があったためと説明している。実際、米国内でも州によって漏洩事件の場合の通知の時期に関する規定は異なる。事件が明らかになったらすぐに通知を求める州もあれば、まず警察などで調査を行ってからという州もある。

ブルメンタル検事総長がファイザーに求めたクレジットフリーズについては、被害者に受けることを勧めてはいるが、費用については負担しないと表明している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


一括大量仕入れの倒産返品・入札品。【倒産返品・入札品】西陣正絹全通袋帯「南蛮屏風図」f1549


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆倒産関連の無料のレポート情報
消費者金融からの借金をゴッソリ減らす秘術

もし、今ある借金を返済することができたら、
あなたの人生変わりますか?

そうだったら、
私はあなたの人生を変える自信があります!

「借金がなかなか減らない」

「返済日が迫ってるけど、返せる金がない」

「厳しい取立…

実録!振込め詐欺!

振り込め詐欺!に遭いました!
果たしてその結末は?

としです。

新聞で自殺の記事を読みました。
それは派遣労働者が借金の整理のため、低額の利率の消費者金融に融資をしてもらう際に振り込め詐欺に遭い、人生に絶望し、1通…




スポンサーサイト

2007年10月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。