ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Googleの動画広告戦略のプレゼンテーションで「ニコニコ動画」に関する質問が続出

The Google Story
 「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2007」の最後を飾ったのは、Googleの動画広告に関する講演。AdWordsとYouTubeで展開する動画広告について、国内ではじめてとなる包括的な説明が行われたあとに待っていたのは、「ニコニコ動画をどう思うか」という質問だった。

9月25日と26日の2日間にわたって東京で開催された「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2007」の最後に登場したのは、Googleの広告営業企画 シニアマネージャーである高広伯彦氏。「新しい動画広告のコンテクスト~Google AdWords と YouTube」と題して講演を行った。

 高広氏は、まず広告の歴史をひもとき、広告そのもののの本質は変わらないものの、それを取り巻く環境がいかに変わったかという点から解説を始めた。

テレビが大衆を引き付けた時代から、テレビと人の関係は次第にパーソナルなものに変化し、現在では「テレビCM崩壊」といわれる状況になっているが、テレビCMのリーチはいまだにネットを上回るものがある。しかし、「広告がユーザーにとって必要な情報なのかどうか」という点が、重要なポイントであると高広氏は語る。

 たとえば、Googleではクリックスルーレートが低い広告は表示されない。これは、ユーザーが必要としていないことを意味しており、広告主はユーザーを引き付ける広告を再検討することになる。これまでは、広告主が広告(費)を出せば媒体に掲載することができたが、現在のネット広告では、「自分の興味に合っているか」「自分が見ているサイトにふさわしいものか」といったユーザーの判断に大きく影響されるという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【創業60年の実績と信頼】海外用Overseas Models SONY GPS-CS1KA(JE)【GPSユニットキット】


◆google関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆google関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。