ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

個人情報の漏えいは約3000万円の損失――マカフィー

<日経スペシャル>[DVDソフト] ガイアの夜明け ~危機を乗りきれ~
 「データ被害で個人情報が漏えいした場合、顧客への告知には平均26万8000ドル(約3000万円)を要する」――マカフィーの委託を受けてデータモニター社が実施した調査では、セキュリティ被害による企業倒産の可能性が指摘されている。

 「Datagate: The Next Inevitable Corporate Disaster?(データゲート:避けられない企業災害?)」と題された同調査は、米、英、仏、独、豪国の従業員数250人以上の企業を対象に、IT専門家1400人以上に対して行われたもの。これによると、回答者の33%が、不慮の、あるいは意図的な大規模な機密データの漏えいにより、企業が倒産に追い込まれる可能性があると答えている。

 また、回答者の60%が過去1年間で情報漏えいを経験していると答え、過去2年間一度も経験していないと答えた回答者はわずか6%だった。

さらに、企業がこの問題に対して費やしているIT予算の平均は、予算全体のわずか0.5%であるという。

 そのほか、同調査では以下のような事項が判明したという。

・回答者の61%が情報漏えいは内部関係者によるものと考えており、23%は悪意を持って行われていると確信している
・回答者の約半数(46%)は、退職する従業員に対する事情聴取や監視を行っていない
・情報漏えいの年間コストを推定できたのは回答者の23%で、平均額は182万ドル
・最も価値の高いデータとは、知的財産、財務情報で、財務情報の漏えいの推定費用の平均は168万ドル
防止が困難な「内部関係者からの漏えい」に対処、日立システム
情報漏えい防止機能を強化したメールアーカイブ装置――NECソフト
情報漏えい経路はラップトップの紛失よりもWebやメール経由、ウェブセンス
【破産】に関連する最新記事はこちら
【倒産】に関連する最新記事はこちら
【情報漏洩】に関連する最新記事はこちら
【McAfee(マカフィー)】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)


[DVDソフト] 威風堂々な彼女 DVD-BOX(2)


◆倒産関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆倒産関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。