ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

8月利上げに不透明感 日米株安・円高進行が懸念材料

バウンディ クリスチャン・ヴァレン/リッスン・ホエン・アローン「ある男の物語」
 日銀の第3次利上げ時期に関し、市場で有力だった8月観測が急速に後退している。物価が、前年同月比5カ月連続で下落しているのに加え、金融市場は、住宅融資焦げ付き問題を背景にした米株価の急落を受け、同日の東京市場で日経平均株価が一時500円超の大幅安となり、利上げ観測に冷や水を浴びせた。次の金融政策決定会合は8月22、23両日に開かれるが、米景気減速や世界的株安に対する不安が広がる中、日銀が模索する利上げに不透明感が漂い始めた。

 短期金融市場の参加者が金融政策を予想して取引する「デリバティブ」(金融派生商品)は、6月半ばには8月利上げを8割強織り込む相場水準が続いていたが、27日に5割を切った。

利上げをほぼ確実視していた市場が、「五分五分なのでは」と、見方を変えたことを意味する。

 国債市場の長期金利(新発10年債利回り)にも「異変」が起きた。早期利上げ観測が強まっていた6月半ばには、1・985%まで上昇して2%に迫る水準だったが、27日には約2カ月ぶりに1・8%を割り込み1・780%と低下した。

 日銀は前回7月の会合で「(経済・物価情勢の)見通しについてより確信がほしい」として金融政策の現状維持を決めたものの、景気は拡大しているとの見方は維持した。

 ただ、米住宅ローン問題について、福井俊彦総裁は、「健全な調整として終わるか注目している」と語っており、今回の米住宅融資の焦げ付きの多発に端を発した日米の株安や円高進行は、総裁の懸念が現実化した格好だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ベンツC純正スチールとスタッドレス4本セット/MBW203-T56


◆ローン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローン関連の無料のレポート情報
住宅ローン審査に通る人通らない人

住宅ローン審査に通る人と通らない人の基準です。
                            
                            …

約20年の豊富な経験や知識で答える借金、金銭トラブルQ&A

カードローンや各種の消費者ローンを、一つにまとめてみませんか? こんなに

月の支払いが楽になりますよ、とか、支払い総額が00万円も少なくなりますよ

、などの広告が増えています。でも、本当なのでしょうか?こんな、疑問・質問






スポンサーサイト

2007年07月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。