ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

三菱UFJジャックスを傘下 信販再編ドタバタの舞台裏

訴訟をするならこの1冊改訂版
   三菱UFJフィナンシャル・グループが信販大手のジャックスを傘下に収める方針を発表したことは、金融界で「まるで株主総会対策」と失笑を買っている。日程もろくに定まっていない段階で発表した理由は、系列の信販大手、セントラルファイナンス(CF)を三井住友フィナンシャルグループに追いやったことがある。だが、CFを系列外に放り出した背景には、三菱グループ得意の「対応」が隠されていた。自業自得としか言いようのない三菱グループの信販再編のドタバタの舞台裏は――。 5%足らずの保有株式で関連会社扱い?   公的資金返済の道筋をつけて経営に余裕が出てきたメガバンクは2006年以降、リース会社など傘下企業の再編に乗り出した。

そこに消費者金融のグレーゾーン金利問題に端を発した貸金業規制法の改正が降って湧いた。これが高利のぬるま湯にドップリつかっていた信販業界を直撃。みずほフィナンシャルグループ系のオリコが巨額の赤字に陥り、金融支援を受けたことに代表されるように、銀行傘下で信販会社の再編は不可避になっていた。   系列のジャックスとセントラルファイナンス、三菱UFJニコスを抱える三菱グループにとっても状況は同じ。悲劇の原因は、三菱グループの信販再編が、三菱東京UFJ銀行の三木繁光会長が手がける案件だったことにある。   三木会長は06年から水面下で再編工作に動く。三木会長にとって再編は自明の理だったようだが、問題は「5%足らずの株式しか持っていないCFを関連会社扱いした三木会長の態度だった」(三菱関係者)という...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料選択可!】I LOVE 湯! / オリジナルV


◆消費者金融関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆消費者金融関連の無料のレポート情報
消費者金融からの借金をゴッソリ減らす秘術

もし、今ある借金を返済することができたら、
あなたの人生変わりますか?

そうだったら、
私はあなたの人生を変える自信があります!

「借金がなかなか減らない」

「返済日が迫ってるけど、返せる金がない」

「厳しい取立…

実録!振込め詐欺!

振り込め詐欺!に遭いました!
果たしてその結末は?

としです。

新聞で自殺の記事を読みました。
それは派遣労働者が借金の整理のため、低額の利率の消費者金融に融資をしてもらう際に振り込め詐欺に遭い、人生に絶望し、1通…




スポンサーサイト

2007年07月17日 未分類 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://rounkilyatusingu.blog102.fc2.com/tb.php/288-3576abf1

信販

「信販」の関連キーワードでブログでの口コミ・評判、ショッピング情報をゲット!

2007年07月23日 関連キーワードでブログでの口コミとか通販とか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。