ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クラッカーが好んで悪用する Web サーバーは何?

The World is Flat
Google (NASDAQ:GOOG) のセキュリティチームは5日、Web サーバーソフトウェアと悪質ソフトウェアの関係について、調査結果を発表した。それによると、クラッカーの攻撃を受けるなどの結果として、悪質ソフトウェアの頒布手段に利用された度合いは、比較的運用数が少ない Microsoft (NASDAQ:MSFT) 製『Internet Information Services』(IIS) の方が、主要競合製品の『Apache』よりも大きかったという。

Google の悪質プログラム対策チームに所属する Nagendra Modadugu 氏の報告によると、Web サーバーの運用数シェアは Apache の66%に対して、IIS は23%と3倍ほどの開きがあるものの、クラッカーの攻撃を受けるなどして、悪質なプログラムが混入したサーバー全体に占める割合は運用数シェアと比例せず、両者同比率の49%だった。



Google のセキュリティチームは、ドメイン名にしておよそ8000万件にあたるサーバーを調査した。そして単一の IP アドレス、すなわち1台のマシンで何百ものドメインを運用している例が珍しくない点を指摘した。

過去1か月の間に、悪質なプログラムを配布した、あるいはブラウザでアクセスするだけで、悪質なプログラムをダウンロードしてしまうコードのホスティングに関与していたドメインは、全部で7万件存在した。

その内訳はなかなか興味深い。ドイツでは、Apache サーバーが悪質ソフトウェアのほぼすべてをホスティングしていたほか、米国では Apache サーバーがホスティングする悪質ソフトウェアは全体のおよそ75%だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


超図解miniグーグル検索&活用ガイド


◆google ギア関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆google ギア関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年07月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。