ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日銀政策決定会合 短期金利目標を年0.5%に据え置き

★1円から~珍しいエルメスのシューズバッグ★エルメス シューズバッグ(ネイビー×ベージュ) ...
 日銀は12日の政策委員会・金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を8対1の賛成多数で決め、短期金利(無担保コール翌日物金利)の誘導目標を年0.5%に据え置いた。水野温氏委員は0.25%の利上げを提案したが退けられた。ただ、福井俊彦総裁は現在の経済・物価情勢について、「この動きが続けば、将来、政策変更を行って間違いないという確信につながると思う」と説明。日銀は、8月以降の決定会合で利上げを探ることになりそうだ。
 多数の委員は「政策変更に結びつくまで、確信が深まっていなかった」(福井総裁)として、現状維持を支持した。しかし、4月に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)についての中間評価は、「ほぼシナリオ通り」で一致し、「委員の判断は、後退というより前進」(福井総裁)した。


 8月中旬に公表される4~6月期の国内総生産(GDP)の1次速報が個人消費の鈍化などから弱いと予測されていることについても、福井総裁は「多少低めの数値が出ても決定的要因にならない」と説明。こうした一連の発言は、市場で8月の利上げの地ならしと受け止められた。
 ただ、市場の見方を反映する金融派生商品「OIS」はこの日、8月利上げ予想はわずかながら低下し、70%前半になったことを示した。今回の利上げ提案が1人だったことが直接の原因だが、背景には米国経済の不透明感がある。
 低所得者向け住宅ローンの焦げ付き問題で一部ヘッジファンドが損失を受け、投資している金融機関の連鎖破綻(はたん)から米景気を冷え込ませる懸念が消えない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


クローンポロシャツ 


◆ローン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローン関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年07月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。