ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【Interop Tokyo 2007 Vol.7】ハリウッド映画は「4K」の時代、デジタルはエコにもつながる!

COMPAQ Evo D3S(C-1.3G)(512MB.16TFT)※16TFTモニターセット
 6月13~16日の3日間(コンファレンスは11~16日の5日間)、幕張メッセ(千葉市)で「Interop Tokyo 2007」開催されている。13日午後には、ブロードバンドタワーの大和田廣樹氏より「デジタル・コンバージェンスがもたらすコンテンツ産業の新世界」と題して、アナログからデジタルへ移行しつつある映画業界の動向、およびブロードバンドタワーの新たなコンテンツ流通を目指した取り組みを紹介する特別講演が行われた。

●ハリウッド映画はフィルムからデジタルへの転換期

 今年公開のハリウッド映画「デパーテッド」「スパイダーマン3」「パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド~」の共通点は、「4K」と呼ばれるデジタルシネマであるということだ。

4Kとは、ハリウッドが策定した映像フォーマットで、ハイビジョンの4倍以上の画素数(4096×2160)を持つ超高精細映像である。デジタル撮影された映像は、編集スタジオで編集された後、配信サーバにアップロードされ、そこから通信回線を使って各映画館へ直接配信される。全米では今年中に1,000スクリーンが4K対応になり「アナログからデジタルへの転換期に入っている」(大和田氏)という。

 デジタルシネマの利点はいくつかあるが、第1に「画質の向上」が挙げられる。4Kシステムの確立により、画質が悪いとされていたデジタルシネマの弱点がなくなった。第2に「流通コストの削減」がある。フィルム配送が不要になることで流通コストを4分の1程度に抑えられ、また近年は映画の上映本数が増えていることから(邦画だけでも年間約400本とのこと)、産業廃棄物の削減にもつながる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【しじみみそ汁の共同購入】【送料込み♪】青森県産!しじみみそ汁8食分【生味噌タイプ】


◆インターネット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆インターネット関連の無料のレポート情報
住宅ローン審査に通る人通らない人

住宅ローン審査に通る人と通らない人の基準です。
                            
                            …

97%の日本人が絶対に知らない住宅ローン破綻者にならない15の掟!

もし、あなたが住宅を購入する可能性がある場合は、今すぐこのページを一文字も飛ばさずに読み進めて下さい。

知っているか知らないかでは何百万も差が出る方法を公開していきます。
例えば・・・

1.「エーッそんなに恐ろしい事があるな…




スポンサーサイト

2007年06月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。