ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DJ-【米国債市場概況】米国5月のCPI発表控え、小幅下落

H18・ムーヴ ラテ クール 走行少1,000km未満【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)14日の米国債市場では、ここ最近の米国債価格の急落後にあたり、また15日には5月消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、投資家がいずれの方向にも大きな動きを渋るなか、米国債価格はやや下落した。この日は荒い値動きとなり、米国10年債利回りの新たな天井を探る投資家の動きが市場を支配したとストラテジストらは指摘した。10年債利回りは日中を通じて5.20%前後で推移した。10年債利回りは先週一週間にわたって上昇を続け、13日には2002年以来となる5.33%の水準まで上がった。米国債利回りの上昇は、米経済の強さを理由に投資家が利下げ観測を後退させていることを示している。

世界的な経済成長とインフレの高まりに対する懸念も、米国債価格の下落の一因だろう。モルガン・スタンレー・インディビジュアル・インベスター・グループの債券ストラテジスト、ケビン・フラナガン氏はこの日の市場について、「5.20%近辺でもみ合っている。しかし、15日に発表されるCPIによって、かき回されるかもしれない」と述べた。世界的なインフレに対する懸念が拡大していることもあり、債券投資家はインフレ関連指標であるCPIに注目しており、連邦準備制度理事会(FRB)関係者が再三にわたって示唆しているように物価圧力の緩和が示されることを期待している。米国債利回りの上昇を受け、この数日間はようやく投資家が市場に戻り始めた。この日は米国債価格がついに上昇に転じたが、買いは続かなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ダイニング11点セット 西洋アンティーク家具 1910年代 仏国製


◆ローン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローン関連の無料のレポート情報
消費者金融からの借金をゴッソリ減らす秘術

もし、今ある借金を返済することができたら、
あなたの人生変わりますか?

そうだったら、
私はあなたの人生を変える自信があります!

「借金がなかなか減らない」

「返済日が迫ってるけど、返せる金がない」

「厳しい取立…

実録!振込め詐欺!

振り込め詐欺!に遭いました!
果たしてその結末は?

としです。

新聞で自殺の記事を読みました。
それは派遣労働者が借金の整理のため、低額の利率の消費者金融に融資をしてもらう際に振り込め詐欺に遭い、人生に絶望し、1通…



スポンサーサイト

2007年06月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。