ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

県内3地銀、競争激化 貸出金利低下続く

宇宙空母ギャラクティカ(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!
 日銀那覇支店は1日、県内銀行の貸出金利に関する調査報告を発表した。県内地元3行の貸出金利回りは2005年度で2・726%と全国で最も高い。だが足元を見ると、全国では日銀の量的金融緩和政策の解除などで昨年5月から金利が上昇に転じているのに対し、県内は1%以下の低利貸し出しが拡大するなど低下傾向が続いており、金利差は急速に縮まっている。 同支店は地元行間の競争激化が金利低下の最大要因とみており、曽我野秀彦支店長は「沖縄の金融市場も全国と同様、着実に競争環境は厳しくなっている」と指摘した。
 ただ、融資量拡大を目指すあまり低金利に傾倒する動きも見受けられるとして、同支店は「結果的に経営体力を疲弊させ、中長期的に県経済にマイナスに作用する可能性も考えられる」との懸念も示し、今後の推移を注視したいとした。


 全国の都市銀行と地方銀行、第2地銀を合わせた05年度の貸出約定平均金利は総合で1・807%(地銀・第2地銀合計は2・066%)。沖縄の金利が最も高い理由としては、大手行支店が1店舗しかなく競合が少ない点や、貸出先に信用リスクの高い中小・零細企業が多いことなどを挙げている。
 だが全国では日銀の政策金利引き上げで平均金利が上昇しているのに対し、県内では低下傾向が続いている。
 那覇支店は「不良債権処理の進展や景気拡大で各行が融資量重視の戦略を明確にしている」と背景を説明。一方で企業の借り入れ抑制は続いていることで「銀行間の融資肩代わり競争が激化し金利低下圧力が強まっている」と分析している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


キンデンボ / アルセニオ・ロドリゲス


◆ローン関連ブログ記事
FRB幹部が相次ぎ講演、インフレリ... - ろーんニュース@ローンの最新情報 (5月3日20時51分)

ドライブ - shineのひとり言 (5月3日20時50分)

レバノンの銀行、美容整形用ローンの... - バストアップが欲しい (5月3日20時49分)

真・明日から休みだ。 - 食べられません。 (5月3日20時43分)

プロミス1000人リストラ - 鉄道で国内旅行 (5月3日20時43分)

花が輪になる - 鳳翼の軌跡 (5月3日20時37分)

キャッシング比較 キャッシングなんで... - 借金返済計画 (5月3日20時37分)

KDDIと三菱東京UFJ、モバイルバンク事... - 株式外為どっとcom (5月3日20時35分)



◆ローン関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。