ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ロイターサミット:米債利回り上昇は株高抑制も=バンカメ証券

ディスプレイキャビネット西洋アンティーク家具 1920年代 英国製
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000961-reu-bus_all
 [ニューヨーク 11日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズの主任投資ストラテジスト、トム・マクマナス氏は11日、当地で開かれたロイター・インベストメント・アウトルック・サミットで講演し、米国債利回りの最近の急上昇について、株価の上昇を抑える要因になり得るとの見方を示した。
 同氏は「債券利回りの上昇をわれわれはリスクととらえている」と述べた。最近の一部のインフレ指標は低下したものの、同氏は物価上昇圧力が依然として米経済に影を落としていると指摘。「インフレ期待が後退するとはみていない。引き続き高まると思う」と述べた。
 コアインフレ指標は低下しているものの、政策担当者は引き続き、農産物や産業用原材料価格、米単位労働コストの上昇に目を光らせると同氏はみており、「インフレ期待が若干高まれば、米連邦準備理事会(FRB)が5.5%への利上げに踏み切る可能性が高い」と予想している。


 FRBは昨年6月以来、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の目標水準を5.25%に据え置いている。 
 マクマナス氏はまた、債券利回りの上昇により、すべての金融資産にリターンを増やす必要が出てくるとし、利回りの上昇で金融市場のリスク回避志向が高まる傾向もあると付け加えた。
 米10年債利回りは先週末8日、昨年半ば以来の高水準となる5.25%に上昇した。
 同氏は債券利回りの上昇についてさらに、既存の変動金利型住宅ローン(ARM)が高い金利でリファイナンスされるため、消費支出に悪影響を与える可能性があると指摘した...

ニュースの続きを読む


ローンレースフレアスカート


◆ローン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローン関連の無料のレポート情報
『住宅ローンの総返済額を減らす方法』

住宅購入時に発生する住宅ローンについて、 実際 私が実行した例を元に 住宅ローンの総返済額を減らす方法を紹介しています。
ゼロ金利解除になり今後金利の上昇は避けられない状況になってきましたので、少しでも参考になれば幸いです。


住宅ローン審査に通る人通らない人

住宅ローン審査に通る人と通らない人の基準です。
                            
                            …



スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。