ローンキャッシング情報はローン・キャッシングに関する情報を毎日更新紹介しています。記事の内容は主にニュース記事と他のブログ記事の紹介です。
ローン・キャッシングに関するニュース記事と他のブログ記事の紹介です。最近の情勢を観ると日々情報内容が変わりますので、特にお金が関わるローン・キャッシングに関しては最新の情報を知っていないといけません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金利上昇 企業や個人にじわり影響 負担増のマイナス面も

ユニコーン/BOOM
 世界的に長期金利が急上昇している。東京債券市場でも8日、代表的な指標である新発10年物国債の利回りは一時1.92%と約10カ月ぶりの高水準となった。日銀の利上げが早まるとの観測も強まり、企業活動や個人の暮らしにもじわりと影響を及ぼしつつある。金利上昇は、預貯金などの金利収入増がプラスに働く半面、住宅ローンや企業向け貸し出しの金利引き上げが負担増となってマイナスに働く。景気拡大をけん引してきた企業活動にブレーキをかける可能性もあり、利上げをうかがう日銀にとって、金融政策は慎重なかじ取りが求められそうだ。【山本明彦、松尾良】
 市場金利の上昇を受け、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は11日から、定期預金の金利を引き上げる。

預け入れ期間によっては9年ぶりの高水準だが、利用者が多い300万円未満の金利は0.25~0.75%にとどまる。低金利状態に変わりはなく、恩恵は「広く薄く」となりそうだ。
 超低金利下で、投資信託などの金融商品の人気が高まっているが、「金利上昇で、円高などの為替リスクが高まる」(エコノミスト)との見方もある。外貨建て投資信託などで運用している人は、為替相場への目配りも必要だ。
 住宅ローンは、既に借りている人、新規に借り入れる人の両方に影響がある。市場金利の状況に応じて半年に1回金利が見直される「変動型」は、主に短期金利の動向に左右される。既にローンを借りている利用者は、返済総額が増えることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


 魔法の剣 キャメロット 特別版


◆ローン関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローン関連の無料のレポート情報
約20年の豊富な経験や知識で答える借金、金銭トラブルQ&A

カードローンや各種の消費者ローンを、一つにまとめてみませんか? こんなに

月の支払いが楽になりますよ、とか、支払い総額が00万円も少なくなりますよ

、などの広告が増えています。でも、本当なのでしょうか?こんな、疑問・質問



『住宅ローンの総返済額を減らす方法』

住宅購入時に発生する住宅ローンについて、 実際 私が実行した例を元に 住宅ローンの総返済額を減らす方法を紹介しています。
ゼロ金利解除になり今後金利の上昇は避けられない状況になってきましたので、少しでも参考になれば幸いです。




スポンサーサイト

2007年06月12日 未分類 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://rounkilyatusingu.blog102.fc2.com/tb.php/202-c27871e7

住宅 ローン 変動 金利 動向 その1

住宅ローンサービス「パワースマート住宅ローン」[新生銀行]住宅ローンの適用金利は...

2007年07月04日 住宅 ローン 変動 金利 動向

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。